blog index

Better Half's Diary(エバゴルフ・ブログ)

エバゴルフ工房のHPをご覧になって頂きありがとうございます。素敵な言葉・おもしろい言葉・感動した言葉などを書き留めたものが少しあります。出来るだけ暖かい温度を持っている言葉達を選び、足したり、引いたり、掛けたり、割ったりしながら、書き綴ってみたいと思います。ゴルフ・エコ・お花・お笑い・お料理・わが街の事やその時々の思いなど七つのカテゴリーを設けさせて頂きました。よろしくお願いします。              オーナーの妻(管理人)
<< 広告掲載!「SABABU さばぶ」12月号! | main | 2012年ブルーベリー物語 >>
2012年リース物語 <紫式部>


リース3
<今年「道の駅明治の森・黒磯」に飾って頂いた紫式部のリース>


紫式部のリース


去年、那須塩原市青木にある「道の駅明治の森・黒磯」の「ふるさと物産センター」に、私が作製した「紫式部のリース」を飾って頂きました。

去年道の駅リース
<去年の紫式部のリース>


しかし、ちょっと小さくてインパクトに欠け、「来年こそ絶対大きいリースを!」と思い続けていました。

ところが、エバゴルフ工房の新設に伴い、我が家の紫式部も移植を強いられたのですが、引っ越し先は日照量が少ない所で、わずかしか実が付きませんでした・・・・

でも、「紫式部のリースを作りたい!」の一念は、ちょっとした出会いやエピソードを作ってくれました。
 
土台のアケビのツルを一緒に探しに行ってくれた娘の同級生のお母さん、あけびのツルを提供して下さった方、紫式部が自生している所を教えてくれた友人、植えてある所を発見して教えてくれた友人、「今年の紫式部はもう終わったけど、来年切って持って行っていいよ。」と言って下さった方々・・・・・ありがとう。


リース4
<今年作製したリース。お世話になった方々に差し上げ、
手元に残ったのは一個だけ>

紫式部のリース


この私、車の運転免許習得の際、教官に「はい次を、に曲がって」と指示されると、「ウインカーをに出してに曲がろうとした」という前科約5犯の持ち主です。(笑)

友人からの電話で、「紫式部が植えてある場所を発見したので行ってみたら」とのこと。

早速、電話で教えてもらった場所の「左側」を車の中からじーっと見て探しましたが、見つかりませんでした。

その後の電話で、「右側」であることが判明しました。(笑)
 
後日「右側」の空き地に紫式部の存在を確認し、持ち主の方のお住まいであろうかと思われるお宅に伺いました。

持ち主の方はとても好感の持てる方で、訳を話すと「全部持って行って下さい。他に欲しいものがあったらなんでも全部持って行っていいですよ。」との事!

初対面の、どこの馬の骨か豚の骨(笑)かわからないこの私にですよ!感激しました!

(縁は奇なものですね。お話を進めていきますと紫式部の持ち主の奥様と、あの小針先生は従妹同士ということがわかりました。ビックリです。)


 丁重にお礼を述べて頂戴し、お蔭様で、大きな紫式部のリースが完成しました。
 
そのリースを車に積み、2012年の流行語大賞の候補をもじった「大きい紫式部のリースって、ワイルドだろぉ?!」という「おち」も用意し、材料を快く提供して下さった方、「来年はあげますよ」と言って下さった方々にお披露目しながら「道の駅」に持って行きました。
 

ところがです、帰宅してから愕然としました!

毎日がアルツハイマーのような生活をしている私です。(笑)歳は取りたくないけど笑いは取りたいこの私目が、用意していた「おち」の存在をすっかり忘れていたことに気づきました!もう悔しくて悔しくて・・・(笑)


紫式部のリース


新しい工房に、大きな紫式部のリースが飾ってあります。

工房リース
<エバゴルフ工房内のリース>


 これは、「那須の神様」といわれ、「栃木県においてプロゴルファーの第一号」であり、色んな大会で素晴らしい成績を残し、「日本プロゴルフ殿堂の第一回表彰者7人の一人」に選ばれた小針春芳先生のお庭にあった紫式部を頂戴して作ったリースです。

実は、小針先生の「私の生きた刻(とき)」の最終回をブログで紹介するに当たり、先日、パートナーに近況を伺って来てもらいました。

帰宅したパートナーが開口一番、「小針先生の庭に立派な紫式部があったよ!」と。
 
早速、先生の許可を得て、お天気の良い日に、頂きにあがりました。

枝を切らせてもらっている最中、その横のコンクリートに、小針先生の奥様が座られ、色々お話して下さいました。
 
30分程の奥様の会話の中には、ネガティブな言葉はほとんど登場しませんでした。

それに引き替え「幸せで、幸せで、楽しくて、楽しくて・・・」という言葉が何回も何回も登場しました!

話がそれます。後期高齢者の次は、末期高齢者と言うギャグがあります。(笑)
 
11月16日衆院が解散し、12月16日の衆院選投票日に向け、政界は「冬の陣」真っただ中です。

政治家の皆様、そして政治家を志されている皆様、日本の後期高齢者・末期高齢者の皆様全てが、小針先生の奥様のように「毎日が幸せで、生きていることが楽しくて、楽しくて」と言われるような社会をどうぞ作って下さい!

パートナーが、91歳の小針先生宅に伺った時、「楽しみは、テレビでゴルフの競技を観戦すること」と、おっしゃっていたそうです。

お庭には今もゴルフボールがたくさん転がっています。

そんな小針先生と奥様のお住まいのお庭にあった紫式部で作ったリースが、新しいエバゴルフ工房に飾ってあります。

恐らく、霊験あらたかなるであろうこのリースには、ゴルフの腕前も上がり、願い事も叶う力が宿っていることでしょう!

ゴルフの上達を望む方、どうぞ当工房に足を運んで下さり、この紫式部のリースにお願いされてみてはいかがでしょうか?きっと・・・・・

尚、今年、紫式部のリースを差し上げられなかった皆様、ごめんなさい。

紫式部のリース



| Better Half | flower | 20:08 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

bolg index このページの先頭へ