blog index

Better Half's Diary(エバゴルフ・ブログ)

エバゴルフ工房のHPをご覧になって頂きありがとうございます。素敵な言葉・おもしろい言葉・感動した言葉などを書き留めたものが少しあります。出来るだけ暖かい温度を持っている言葉達を選び、足したり、引いたり、掛けたり、割ったりしながら、書き綴ってみたいと思います。ゴルフ・エコ・お花・お笑い・お料理・わが街の事やその時々の思いなど七つのカテゴリーを設けさせて頂きました。よろしくお願いします。              オーナーの妻(管理人)
<< 那須塩原発「皇太子様ご一家」応援歌 | main | 世界にたった一つのリースです。 >>
枝豆料理(コロッケ・ごはん・お味噌汁)に挑戦。が・・・・・


枝豆コロッケ
<枝豆コロッケ >


ワタクシのパートナーは、お豆さんが大好物です。

夏は、お野菜を購入している産地直売店で、とうもろこしと枝豆を見つけると、必ず、条件反射的に連れて帰るのが、私のルールです。
 
先日、日本テレビの「満天☆青空レストラン」で「だだちゃ豆」を使った、「ずんだコロッケとごはんとお味噌汁」を放映していました。

「だだちゃ豆」は、パートナーの理想のお豆さんです。

しかし、ちょっと遠いのです。メートルでもキロメートルでもありません。なんとその計測単位は<円>なのです。笑。

そこで今回は、だだちゃ豆の代わりに枝豆を使って、コロッケとごはんとお味噌汁を作ってみました。 

「どうぞ想像以上の素晴しい味に出会えますように!」と祈りを込めて・・・・・


枝豆のライン


(以下は「満天☆青空レストラン」のレシピのコピーです。従って、だだちゃ豆使用です。) 

<ずんだコロッケの作り方>

★だだちゃ豆コロッケ(4人分)

[材料]
だだちゃ豆 正味300g 
揚げ油 適量
砂糖 大さじ2
ソース
付け合せ(キャベツやミニトマト、パセリなどお好みで)
卵       
パン粉
小麦粉

[作り方]
,世世舛稙Δ榔もみして洗い、塩ゆでする。ゆであがったら殻から出し、薄皮をむく
△世世舛稙Δ鬚垢衄ですって、(もしくはフードプロセッサーにかけて)ボウルに移し、砂糖を入れてよく混ぜる
4等分にして、コロッケの形に整える
ぞ麦粉、卵、パン粉の順に衣を付け、180℃の油で揚げる
イ好みでソースをかけていただく



枝豆のごはんとお味噌汁

<枝豆のごはんとお味噌汁>


<だだちゃ豆ごはんと味噌汁の作り方 >

★ だだちゃ豆ごはん(4人分)

[材料]
だだちゃ豆 正味100g
米(うるち米にもち米を1割まぜたもの) 3合
酒 大さじ1
塩 小さじ1

[作り方] 
(討鮴って水に浸しておく
△世世舛稙Δ論犬里泙浤未鬚爐
炊飯器に米、分量より少なめの水、酒、塩、だだちゃ豆を入れて炊く

★ だだちゃ豆の味噌汁(4人分)

[材料]
だだちゃ豆 殻付き200g
水 1500cc
味噌 適量

[作り方] 
,世世舛稙Δ榔でもみ洗いする
鍋に湯をわかし、豆を殻ごと入れて、柔らかくなったら味噌を入れる

枝豆のライン


なんとこのレシピでは、コロッケはお豆さんの他に食材を何も入れないんですね。その点、一般のコロッケと比べるとエコかなと思います。が、お豆さん一粒は小さいですね。それを潰してある程度の大きさにまとめ、しかも何人分か作るには、結構な量が必要です。その点ではエコとは言えないかな・・・・・

また、調味料が砂糖なのにはびっくりしました。

意外なのは、次の日冷めた状態でもまあまあおいしかったことです。
 
普段ご自宅でポテトコロッケをお作りになっている皆さんにとって、枝豆コロッケは簡単に作れると思います。でも、そうでない方にとっては、茹でる、皮をむく、つぶす、まとめる、小麦粉・卵・パン粉という作業は苦痛かもしれません。お止めになって下さい。笑

枝豆ご飯を作る時、ピッタリと閉じた枝豆の殻を開けて、お豆さんを取り出すのがちょっと大変でした。

うるち米にもち米をちょっと混ぜて炊くと、おいしいごはんがさらにおいしくなる事をすっかり忘れていました。  

完成後、試食してみました。それなりにおいしいのですが、「夏になったら、一度は作ってもいいかな」位で、あまり積極的におすすめはいたしません。笑

「枝豆は、枝豆として食べるのが一番おいしいかな?」とつぶやいた私の言葉に、家人が「うん!」と合唱しました。

ショック!傷付きました。笑 
 
今回も(何時もなんです)、想像以上の素晴しい味には出会えませんでした・・・・・・・


枝豆
<自家製枝豆・湯上り娘


一昨日は中秋(仲秋)の名月でした。ちょうど時を合わせるように、猫の額ならぬ、ネズミの額の菜園の枝豆「湯上り娘」が食べ頃になりました。

そこで十五夜お月様にも「湯上り娘」を食べていただくべく、準備しました。

例によって、茹でるお水を先に火にかけて置き、沸くタイミングにあわせて、枝豆を収穫して良く洗い、ボールに入れて塩をかけもみます。そのまま沸騰したお湯に入れて茹でます。

例年ですと、茹で上がりましたら、ウチワであおいで荒熱を取り、お塩をかけ、「熱い、熱い」と言いながらいただいていました。

しかし、今年は異常に暑かったので、ボールに水と凍ったペットボトルを入れておき、茹で上がった枝豆のお湯を切って投入し、ザルにあげて水を切り、お塩をかけ、冷蔵庫で冷やして冷たい状態でいただきました。

(小さめのペットボトルにお水を入れ、凍らしておきます。これは繰りかえし何度でも使えます。エコですね〜。 )

一昨日の夜はあいにくの雨でした。「湯上り娘」は、雨がかからない所に茹で栗などと一緒にお供えしました。雨雲の上のお月様は食べてくれたかな〜?


枝豆のライン


お料理はいろいろな能力の集大成です。

素材選びに始まって、作るものの組み合わせ、段取り、手間を惜しまない情熱、盛り付けの工夫、出すタイミング、これこそ、総合的な芸術と言えるのではないでしょうか・・・・・・・・
 
しかしそうは分かっていても、私は、優秀でセンスあふれる一流の芸術家さんでは決してありません。
 
何と言っても一番大切なのは、健康で、ニコニコ笑えて、(たとえ三流の芸術家さんが作ったごはんであってもその)ゴハンがおいしく食べられる事!笑 これに尽きます!
 
食欲の秋到来!

夏バテも秋バテもどこ吹く風の三流の芸術家さんは、今日どんな芸術に挑戦するのでしょう?


| Better Half | シュフの簡単エコ料理 | 09:41 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ