blog index

Better Half's Diary(エバゴルフ・ブログ)

エバゴルフ工房のHPをご覧になって頂きありがとうございます。素敵な言葉・おもしろい言葉・感動した言葉などを書き留めたものが少しあります。出来るだけ暖かい温度を持っている言葉達を選び、足したり、引いたり、掛けたり、割ったりしながら、書き綴ってみたいと思います。ゴルフ・エコ・お花・お笑い・お料理・わが街の事やその時々の思いなど七つのカテゴリーを設けさせて頂きました。よろしくお願いします。              オーナーの妻(管理人)
<< 甲田良美プロ、ツアー初勝利!おめでとうございます! | main | 「Better Half's マスターズ特集」No.5 LANDSCAPE of MASTERS その1 >>
植田浩史プロ26年目ツアー初優勝!禁酒は16年目?

植田浩史
<優勝カップを手に植田浩史プロ 
社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー


6月13日(日)、PGAシニアツアーの開幕戦「第12回スターツシニアゴルフトーナメント」の最終日が成田ゴルフ倶楽部(千葉県)で行われました。

プロ26年目の植田浩史選手(51)は、プレーオフで高橋勝成選手を下し、(レギュラー時代もツアー優勝はなく)レギュラー、シニアを通じてツアー初優勝を果たしました。おめでとうございます。(植田浩史プロは栃木県鹿沼市在住です。)

 植田浩史
<スパーシニア優勝の安田春雄プロとともに植田浩史プロ 
社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー>


この日7バーディー、2ボギーの5アンダー、67で回った植田プロは、68の高橋勝成プロと通算13アンダーで並び、プレーオフ1ホール目(18番)に。植田プロがパーのあと高橋プロが1メートルのパーパットを外してあっさりと決着しました。


 植田浩史
<社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー>


ライン


以下の記事は、「社団法人 日本プロゴルフ協会」よりお借りいたしました。ありがとうございました。


★涙の初優勝! シニア2年目・植田浩史


プレーオフの相手高橋が、1メートル足らずのパーパットを右に外し、勝った植田に握手を求めると、突然植田の両目から涙がこぼれ出した。「これで師匠の河野高明さんに少しでも恩返しができたと思うと感きわまってしまって・・」と、腫れた目を隠すように頭を下げっぱなしで涙にくれた。


植田浩史
<植田、泣けた!師匠に捧げるV SANSPO.COM


約30年前、植田が近畿大学を卒業するときゴルフ部の監督から「河野高明のところへ行け」と薦められ、当事、栃木県・矢板CCにいた『リトル・コーノ』こと河野高明プロのとろに弟子入りしたのが、師弟関係のスタートだった。

公私にわたって指導を仰いだその師匠が、今年4月22日、肝臓がんで亡くなった。「何か先生が身につけていたものを」と、河野プロの長男高幸さんにお願いして、愛用していたグリーンフォークを形見にもらい、いつもズボンのポケットにしのばせている。 「師匠が長年使って、心の入ったものがポケットにあることでパワーになった」と、フェニックスCCの文字が薄れかかっているグリーンフォークを報道陣に披露した。  

初日、2日目とノーボギー。最終日は1打差の4位からでいきなり3連続バーディーのロケットスタートで勢いをつけた。高橋の追い上げもあって大接戦、10番をボギーにしていったんは後退しながら14、16番のバーディーでいつもにない粘り腰をみせた。

「いまが僕のゴルフ人生の中で一番うまくなっている。距離も出るし、バンバン打っても曲がらなくなった」という通り、シニアになって安定したゴルフをみせてきた植田だ。

 植田浩史
<「チャンスはあると思う。今は人生の中で一番上手いし、
プレーしていて楽しくてしかたない。早く2勝目を挙げたい。」
 植田浩史 下野新聞 SOON【クロストーク】


プレーオフとなった18番でも、高橋がグリーンを外したのに対して、13メートルのロングパットを『OK』に寄せて確実にパーに収めたのが、高橋のミスパットを呼ぶ結果になった。
 
「実は1995年にシードをとったときから、優勝するまではと心に決めて『禁酒』してました。好きなお酒だけど、15年間はほとんど口にしていない」と、こんなことも明かした。
 
2000年から2005年までの6年間は日本プロゴルフ協会(PGA)のトーナメントディレクターを務めたこともある。「自分でピン位置も決めたりしたし、選手の攻略法やピン位置も読めるようになった。いい勉強をしました」という。いまもPGAの代議員(北関東・東北地区)をするなど、協会の運営にも力になっている存在だ。


植田浩史
<植田浩史 在団法人 日本ゴルフ協会

 
「今年は10人以上の人がシニアに入ってきた。僕の優勝でそれらのルーキーたちに火をつけたと思う。奥田君や高見君もいいゴルフをしていた。これからは彼らたちともいい争いをしてシニアツアーを盛り上げたい」と、『優等生』発言もした。
 
昨年は開幕戦(ファンケル)に勝った飛ばし屋・尾崎健夫が賞金王に輝いたが、スイングも美しい『若い』植田の今シーズンが注目される。

植田浩史
<植田浩史 社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー >


[植田浩史プロのプロフィール]
うえだ・ひろし 1958年大阪市生まれ。近畿大卒。
94年のゴルフダイジェストで2位がツアー最高順位で、95年にはシード選手としてツアーを戦った。栃木オープン、埼玉オープン、アイフルチャレンジなど地区大会5勝。
鹿沼市坂田山3丁目に妻、長女(21)長男(13)と4人家族。51歳。


ライン


★スーパーシニアは安田春雄が優勝

安田春雄
<安田春雄 社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー>

 
60歳以上の往年の名プレーヤーが集まった名誉競技「スーパーシニア」は18人が参加して2日間36ホールで行われ、安田春雄(67)が通算5アンダー、139(70、69)で優勝。賞金150万円を獲得した。安田の優勝は、1996年のこの大会(TPCスターツ)以来14年ぶり。  

7年前に発症した肺がんと首筋のリンパ腺がんと戦いながら、いまでは元気にプレーできるまでに回復。「優勝の味というのはどんな試合でもいいものだね。これでまた免疫力が高まるよ。10、11番の連続バーディーで、『エージシュートにあと2つ』と思ったとたんしびれて3パット(16番)してしまった。いくら少ない人数でも優勝というのは難しい。また来年も勝ちたい」と久々の美酒の味をかみしめていた。

ライン


★他のシニア選手さん


開幕戦2連覇を狙った尾崎健夫(56)は、1打足らず通算12アンダーで3位にとどまった。前日首位タイの高木祐二(51)は通算11アンダーで4位。12人のシニアルーキーでは奥田靖己(50)の通算8アンダー、8位が最上位だった。中嶋常幸は3アンダー、21位。青木功は1オーバー、39位。


ライン


高橋勝成 (TOTAL:−13、プレーオフ末2位)


高橋 勝成
<高橋勝成 社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー>


(プレーオフのパットは?)

1mくらいですかね。下手な打ち方はしてないんですけど、真っ直ぐ強めに打ったつもりが右に行ってしまいましたね。勝ちたいという気持ちが強すぎたかな。今日は新人になったような気持ちでいい経験をしたよ。来週はもっと強くなれると思うよ。かと言って、50台のうちに勝てるかな〜?(笑)スポンサーの皆さんや、ファンの皆さんに対して、こんなんじゃ申し訳ないので、倍返しでお返ししたいですね。

ライン


尾崎健夫(TOTAL:−12、3位、2009年度シニアツアー賞金王)


尾崎 健夫
<尾崎健夫 社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー>


最後のパットは入るとは思わなかったけど、ラインに乗ってからね。やったと思って飛び上がったら拍手が鳴らなかったよ。(笑)まあ、やるだけやったからしょうがない。それより66〜68出した選手がすごかったってことだよ。まあこんなもんでしょ。最後、パターが良かったんで、良しとしましょう。次がんばります。


ライン

 

高木祐二(TOTAL:−11、4位タイ)


高木祐二
<高木祐二 社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー>


もう今日は足がフラフラで、ドライバーが全くダメでした。それなのによくこんなスコアが出たね。アプローチとパターで何とかしのいだって感じだね。腰とひざに負担がきてたので、このスコアには大満足です。ひとまず開幕戦としては上出来でしたね。手ごたえがあったので、自信はつきました。これから下半身を強化して、次に向けて頑張ります。


ライン


安田春雄(TOTAL:−5、スーパーシニアの部優勝)


安田春雄
<安田春雄 社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー>


4バーディー1ボギー、完璧だね。ただ、内容はパターも全然入らないし、良くない。今週はラッキーもあった。小川選手が腰を痛めてなかったら7アンダーくらいは行ってたんじゃないかな。少ない人数でも優勝はうれしいよ。前回優勝したのは1996年のこの大会だから、久しぶりだね。 7年前にガンになってしまって、年々良くなって元気になってきたけど、ゴルフが免疫力になっているね。優勝できれば、これ以上の薬はないよ。


ライン


中嶋常幸
<中嶋常幸 社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー>


倉本昌弘
倉本昌弘 社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー>


羽川豊
羽川豊 社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー>


三好隆
三好隆 社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー>


青木功
<青木功 社団法人 日本プロゴルフ協会 フォトギャラリー>

ライン


植田浩史プロの更なるご健闘を!!
栃木県那須塩原市の(シニアの)ゴルフ屋さんも応援させていただきます。
頑張って!!!!2勝目お待ちしています!!!!!
(お酒はほどほどに・・・・・・)


ライン

| Better Half | ゴルフ | 09:22 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

bolg index このページの先頭へ