blog index

Better Half's Diary(エバゴルフ・ブログ)

エバゴルフ工房のHPをご覧になって頂きありがとうございます。素敵な言葉・おもしろい言葉・感動した言葉などを書き留めたものが少しあります。出来るだけ暖かい温度を持っている言葉達を選び、足したり、引いたり、掛けたり、割ったりしながら、書き綴ってみたいと思います。ゴルフ・エコ・お花・お笑い・お料理・わが街の事やその時々の思いなど七つのカテゴリーを設けさせて頂きました。よろしくお願いします。              オーナーの妻(管理人)
<< 小針春芳プロの「私の生きた刻(とき)」 Сこ葦鸚 | main | 「Better Half'sマスターズ特集」No.1ボビー・ジョーンズの夢 >>
「ゴルフの祭典・マスターズ」が終りました。

2010年の序章である「ゴルフの祭典・マスターズ」が終りました。

オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ


「マスターズ」が、アメリカ南西部のジョージア州オーガスタにある「オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ」で、4月8日から4月11日迄の4日間開催されました。世界最高峰の力と技の激しく熱い戦いが終りました。

 すでに皆さんもご存知と思いますが、出場選手は、前年度の世界各地のツアーでの賞金ランキング上位者や、メジャータイトル優勝者など、招待資格を満たす名手(マスター)達しか出場できない事から、「マスターズ」の大会は、“ゴルフの祭典”として最も敬愛されています。
 
「マスターズ」の最終日は、晴天・微風と絶好のコンディションに恵まれる中、1打差の2位タイからスタートした「フィル・ミケルソン(39)=米国=」が、5バーディ・ノーボギーとスコアを伸ばし、通算16アンダーで4年ぶり3度目の優勝(今季ツアー初勝利・通算38勝目)を果たし、優勝賞金135万ドル(約1億2500万円)を獲得されました。おめでとうございます。

フィル・ミケルソン

フィル・ミケルソン


「マスターズ」最終日の「フィル・ミケルソン」のベストショットといえば、やはり13番パー5でしょう。

 6Iで、(1メートル強程しかない)2本の木と木の間を通すミラクル神業ショットで、2オン。さらに、ピン迄わずか1メートル程の所にピタリと止まりました!その時、コース全体には大歓声が響き渡りました!
「フィル・ミケルソン」は、「(幹の間の)空間は少し開いていて、もちろん広い訳ではないけど、球が抜けていくには十分だった(微笑)」「あとは自分のスイングを信じるだけだった」と、トラブルをものともせずにバーディへと繋げ、「リー・ウエストウッド」との差を2打に広げ、混戦から抜け出たのです。いやはやすばらしかったですね・・・・・・・・

フィル・ミケルソン


一方、「タイガー・ウッズ(34)=米国=」は2イーグルを奪ったものの、序盤のミスが響き、通算11アンダーで4位でした。

タイガー・ウッズ


首位スタートの「リー・ウエストウッド(36)=英国=」が3打差の2位で、初出場の「池田勇太(24)」は通算2オーバーの29位でした。

 リー・ウエストウッド


また「池田勇太」は、「4日間のフェアウエイキープ率89.29%で、全選手中第1位」と「日本人プロで最年少の予選突破」というすばらしい記録も達成しました。おめでとうございます。
 

池田勇太


「フィル・ミケルソン」が優勝し、「タイガー・ウッズ」が4位という結果に終ったのは、おそらく「愛の差」ではないでしょうか?

不倫スキャンダルから復帰した「タイガー・ウッズ」とは対照的に、「フィル・ミケルソン」は、昨年、相次いで乳がんと診断された夫人と母親のために全英オープンを欠場するなど、しばらくはツアーに全力投球できない状態が続きました。
「夫人と母親のために勝つ、家族のために勝つ」と宣言。帽子には乳がん撲滅を祈る「ピンクリボン」を縫い込んでの出場でした。

ピンクリボン


(13番で見せてくれたミラクル神業ショットの決断の裏には、家族のピンチに耐え・支え・守った39歳の内面の強さが反映しているように思えてなりません。)

「フィル・ミケルソン」の談話の主語には「わたしたち」という言葉が出てきます。「病気と闘ってきた妻は誇りです。」と述べ、エイミー夫人と10歳になった長女アマンダちゃんら3人の子供さんとの“家族愛”を強調されていました。

フィル・ミケルソン


どうやら「勝利の女神」は、「正しく・強い“家族愛”の持ち主」の「フィル・ミケルソン」にほほ笑んだようですね!

「フィル・ミケルソン」は、家族で難関を乗り越えた「マスター(名手)」そのものです。
その一方で、不倫騒動の末、家族が崩れた「タイガー・ウッズ」の主語に、「We・わたしたち」が戻る日はいったい何時なのでしょう?はたしてその日は訪れるのでしょうか?・・・・・・・

 タイガー・ウッズ


私ことBetter Half は、4月4日、深夜のTBSテレビで放映された 「マスターズの現地独占情報」を偶然目にして、「マスターズ」というものにちょっと興味を持ってしまいました。

そして、4月8日に【小針春芳プロの「私の生きた刻(とき)」 Сこ葦鸚】を掲載し終ってから、ネットで、「マスターズ」に関して調べてみました。
その結果、世の中のゴルフを愛する方々が、どうして「マスターズ」、「マスターズ」 と騒がれるのかが良く分かりました。(ゴルフ屋さんのオクサンとしてはちょっと遅すぎますよね・・・・・)

申し訳ございませんが、【小針春芳プロの「私の生きた刻(とき)」 】を小休止させていただいて、次回より私 が調べました「マスターズこぼれ話・マスターズ裏話」を、「Better Half'sマスターズ特集」として掲載させていただこうと思います。(「マスターズ」が開催されたこの4月でないと意味がないような気がしまして・・・・・・・)
「Better Half'sマスターズ特集」が終了次第すぐに、【小針春芳プロの「私の生きた刻(とき)」 】の続きを掲載いたします。いつも勝手ばかりで申し訳ありません。

「マスターズ」に関してはもうとっくにご存知の方がほとんどでしょうが、よろしかったらお付き合い下さいませ。

今回「Better Half は、欲張りさんである。」という事を再確認しました。
なぜなら、「マスターズ」の面白そうな話をあれもこれもとピックアップしていくうちに、とてつもなく量が多く(ちょっとオーバーかな?)なってしまったのです・・・・・

そんなわけで、次回からはいつもよりさらにお時間があるときにおこし下さい。「Better Half's Diary」はどこへも行かず、ここでじっとお待ちしています。
(何時おこし下さっても、お茶もコーヒーも差し上げることができず、本当に申し訳ありませんね・・・・・・・・)

フィル・ミケルソン


≪ブログ内の記事及び画像は、下記のHP様及び下野新聞様よりお借りしました。ありがとうございました。≫

TBS「マスターズ2010」
http://www.tbs.co.jp/masters/

ゴルフのこぼれ話。トーナメントの裏話。
おめでとう!「フィル・ミケルソン」本当に良かった。涙!涙!涙でした。 http://blogs.yahoo.co.jp/mitsuoh2002/59545646.html

2010マスターズ特集 ゴルフダイジェスト・オンラインhttp://www.golfdigest.co.jp/magazine/tournament/column/masters/

| Better Half | ゴルフ | 19:27 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

bolg index このページの先頭へ