blog index

Better Half's Diary(エバゴルフ・ブログ)

エバゴルフ工房のHPをご覧になって頂きありがとうございます。素敵な言葉・おもしろい言葉・感動した言葉などを書き留めたものが少しあります。出来るだけ暖かい温度を持っている言葉達を選び、足したり、引いたり、掛けたり、割ったりしながら、書き綴ってみたいと思います。ゴルフ・エコ・お花・お笑い・お料理・わが街の事やその時々の思いなど七つのカテゴリーを設けさせて頂きました。よろしくお願いします。              オーナーの妻(管理人)
<< 小針春芳プロの「私の生きた刻(とき)」テ本一 | main | 杉本(英世)先生、お久しぶりです! >>
小針春芳プロの「私の生きた刻(とき)」Ν狢膸件


小針プロ

「私の生きた刻(とき)」


プロゴルファー 小針春芳さん(88)  Ν狢膸件


転がり込んだ「日本一」



 忘れもしないのが2度目の日本オープンです。昭和35(1960)年、広野GC(兵庫)での開催でした。誰もが目標とする、日本オープンでの優勝ですから、うれしいはずですが、何とも後味の悪いことになってしまいました。「日本ゴルフ史上初の事件」と今でも語り継がれています。

 最終日に36ホール決勝を行う、3日間72ホール競技です。126人がエントリーし決勝進出は50人。最終日は最終組3人による大混戦となりました。トップを走るのは連覇を狙う陳清波(ちんせいは) さん。追うのが私と小野光一(おのこういち)さん。
 陳さんが抜け出し4オーバー292でホールアウト、私は2打差294で2位。小野さんは松田司郎(まつだしろう)さん、藤井義将(ふじいよしまさ)さん、O・ムーディーさんと並んで299で3位タイのはずでした。ところが陳さんがスコア誤記、私に優勝が転がり込んできたのです。ゴルファー日本一を決める大会で、トップフィニッシュの選手がスコア誤記ですからそれは大騒ぎでした。
 問題となったのは最終ラウンド11番パー4の記入でした。陳さんは2打目をバンカーに入れて、寄せきれずにボギー。私はパー。陳さんのマーカーだった小野さんが、私と陳さんのスコアを取り違え、陳さんの11番を「5」のところを「4」と記入。陳さんは確認を怠りサインしてしまったわけです。
 ホールアウト後、陳さんはクラブハウスまで報道陣に取り囲まれ確認どころではなかった。連覇となると昭和11(1936)年の宮本留吉(みやもととめきち)さん以来、24年ぶりの大記録ですから。今はアテストが終るまで完全にガードされていますから、あり得ませんが。あの時はもみくちゃにされていました。確認もおろそかにサインしてしまったのでしょう。まったく気の毒なことでした。

スコア誤記が発覚した時は、そんなこととは知らずに私と小野さんは風呂で汗を流していました。そこに「大変だ」と係りの人が飛び込んできたのです。「陳さんが失格になった」というのですが、ゴルフに失格なんてあるのかと、狐につままれたようでした。私も驚きましたが、小野さんの驚きといったら大変なものでした。陳さんのマーカーですから。
 今と違って表彰式はクラブハウスの中、私は優勝カップを受け取ってもなんか落ち着きませんでした。私は納得のゴルフで陳さんに追い付けなかった。完全に負けた試合でした。だから、心からおめでとうと陳さんと握手してグリーンを後にしたのです。本当に2位でよかったのにと思いました。
 優勝賞金は70万円でした。私と小野さんは陳さんを慰めなければと頭を悩ませました。そして陳さんの先輩の陳清水(ちんせいすい)さんに相談。私が6万円、小野さんが4万円を出して10万円を渡しました。陳清水さんはそれでカシミアのジャケットを贈ってくれたそうです。
 雑誌の対談で5、6年前に陳さんと会った時、ジャケットの話になりました。今でもあるということなので驚きました。でも、「高いものだとは分かっていた」ということでしたが、10万円と聞いてびっくりしていました。(構成 井上孝男様)

陳清波 1931年台湾生まれ。17歳でゴルフを始め54年に来日、川奈で日本のゴルフを学ぶ。59年の24回日本オープンでは大会初となったプレーオフ(翌日18ホール)を制して優勝。63年から6年連続でマスターズ出場。ツアー24勝。

【上記の文章及び画像は、栃木の下野(しもつけ)新聞様 よりお借りしました。ありがとうございました。】

ハイ・ティアップ

<ジャンボがデビューする10年ほど前から
小針先生はハイ・ティーアップを採用されていた>


小針先生が、ゴルファーの誰もが目標とする日本オープンで優勝!それも2度目とは!すばらしいですね。
しかしこれには「日本ゴルフ史上初の事件」という物語があったとは・・・・・
この狢膸件瓩鮖笋離僉璽肇福爾楼柄阿ら知っていたようですが、私Better Halfは、今回の記事を拝見するまでは全く知りませんでした(おおよそゴルフ全体に関して無知なものですから、当然といえば当然ですが・・・・勉強不足でゴメンナサイ)

<私は優勝カップを受け取ってもなんか落ち着きませんでした。私は納得のゴルフで陳さんに追い付けなかった。完全に負けた試合でした。だから、心からおめでとうと陳さんと握手してグリーンを後にしたのです。本当に2位でよかったのにと思いました。><私と小野さんは陳さんを慰めなければと頭を悩ませました。>これは「那須の神様」の小針先生らしいお言葉ですね。

(私の知らない)小針先生の未知の歴史と遭遇するのが、これからますます楽しみになって来ました。

小針プロ

<フィニッシュでは、グリップエンドの向きが目標に対して90度以上なければ、
ジャストミートはできないと小針先生>


私ことBetter Halfは、特定の宗教を信仰する家庭には育ちませんでした。もちろんクリスチャンでもなければイスラム教徒でもありません。超能力者に会った事もなければ、超能力的奇跡を目撃した事もありません。UFOに直に出会った事もなければ、遠くから見かけた事もありません。

しかし、今ここに自分がいて、小針先生の記事をパソコンに入力しているという事実は、相当のミラクルであると思っていますし、大いに感謝すべき事であると思っています。

そしてここ最近、おや?と思う事が私の身の回りに起きました。自己暴露も家族暴露もあまり好まないのですが、(およそ、ブログというものはある程度の自己暴露と家族暴露の上に成り立っているのかもしれませんが・・・・・・)以下にあえて軽度の自己・家族暴露をします。皆さんはこれをどう思われますか?

本のライン


その前に、今年は「国民読書年」だそうですね。
<日本では本が偉そうな顔をしていない。世界の名作を文庫で読める。最新の思想を新書で読める。本が安くて軽くて、それでいてレベルが高く、素晴らしい読書環境だ。今年は国民読書年だという。この機会に、世界と比べて日本の読書環境がどれほどすごいものか、多くの方たちに知ってほしい。日本にいて本を読まなければもったいない。[田中優子さん(法政大教授)]>ソウデス。ソウデス。同感デス。

私はごくごく軽〜い活字中毒者です。そんな私に強い強い味方がいます。それはあらゆるジャンルの素晴らしいスペシャリストの皆さんが書かれた465,213冊の蔵書です。あまり数が多いのであちこちに分散して保存しています。読みたい本は、パソコンで探して一番近い蔵書保管所に引き取りに行きます?????

感の良い方はすぐお解かりになったでしょうが、私は那須塩原市図書館を利用させていただいています。(笑笑笑笑笑)
希望の本は、那須塩原市図書館のHPの「蔵書検索」から探し出し、リクエストすれば、近隣の分館も含めて、465,213冊の蔵書の中から探して下さいます。私は、自宅から一番近い黒磯図書館に行き、それらをお借りするだけです。本当に大変助かっています。それらの本との出合いの中から最近起こった?を挙げてみます


本のライン


少し前、私は<シフォンケーキと3つのエコ>というタイトルでブログの記事を書いていました。「シフォン」とは「絹」の事です。ちょうどその時、ある方のエッセイ集を読んでいました。その中の一文に、
<【床下の小人たち】(岩波少年文庫)メアリー・ノートン
・・・・・天井にはシフォンをまとったきれいな女の人がふたり・・・・・>
と「シフォン」の文字が出てきました????????

本


My Daughterが、命の次にそれはそれは大切にし、こよなく愛し続けているのは「トヨタのMR−S」です。
エッセイ集はブログを書く時、非常に参考になります。しかし読み続けていると飽きが来て(ごめんなさい)、サスペンス・ミステリー欠乏症候群という病気になってしまいます。
そんな時、何気なく465,213冊の蔵書の中からお借りしたのが[東野圭吾さん]の【ゲームの名は誘拐】でした。ところが読み進めていきますと、「トヨタのMR−S」が文中に時々登場します。その事をMy Daughterに話しますと、思いの外に大変喜んでくれました。My Daughterのお役に立ててうれしいのですが、たまたま手に取った本に、My Daughterの愛車がたびたび登場するとは?????

本


またある時、図書館よりお借りした本から何かがハラリと落ちました。
それは多分、私の前にその本をお借りした方が、「しおり」代わりに挟んだのであろうと思われるダイレクトメールのハガキだったのです。お名前・ご住所を拝見しますと、なんと懐かしいMy Daughterの小学校の担任の先生でした??????(「先生にメールしておくね」とMy Daughter)

本


以前、[ワタミの渡邉美樹社長さん]のエッセイを拝読する機会がありました。
ご自身の生い立ち、人生に対するお考え、信念等にとても感銘を受け、ずっと尊敬し、隠れファンでした。
最近、図書館の465,213冊の中から、ある方のエッセイ集を読ませていただきました。その中に、
<ワタミの渡邉美樹社長 外食の他にも介護や農業や学校、環境問題にも取り組んでいて、前々から「素晴らしい方だな」と思ってはいたけど、初めて話したら、やはり素晴らしい方だった。>と書かれてありました。
同じ方の他の著書にも、[渡邉美樹社長さん]に関して、
<わたしがひそかに尊敬している人なのですが>という一文がたまに登場します。
偶然にも私と同じように思っている方の著書を拝読する事になろうとは?????
そしてこのブログの記事の下書きをした後で、またまた偶然にも[渡邉美樹社長さん]の最近のエッセイをたまたま拝読しました??????

本


以上は、図書館からお借りした本にまつわる?です。それぞれが非常に発生確率のきわめて低い事柄であり、キセキ的な出来事であると思いませんか!

本のライン


また少し前になりますが、安普請の極小住宅のMy Sweet Homeの軒天が、あれよあれよという間に傷んできました。しかし、程なく「大嵐」が来て下さって?見事に見るも無残な状態になってしまいました。もちろん、無事「保険」というものの存在で新品にしていただきました?????

本


パソコンは最初ケーズデンキの「ひよこパソコン教室」で基礎を習いました。
しかし、「エバゴルフ工房」のホームページを何が何でもどうしても作りたくて、必死で先生を探し、「アットサポート」の原田千恵子先生に出会いました。
とにかくスキルがビックリする程非常に高い先生です。その上、人間的にとてもすばらしい先生で、私の方が年上なのに、見習わなければならない所・教えられる所がたくさんあります。
Yahoo!で[ゴルフ修理]と入力し検索してみて下さい。ナ・ナ・ナント(約16,000,000件中)トップページの一番に[【エバゴルフ工房】トップページ]が表示されます。(3月29日現在)これって超キセキ的な事ですよねよネ!
全国から当HPに訪れてくれる皆様、ありがとうございます。見える物、見えない物すべての力に感謝しています。しかしなんといっても、原田先生のご指導があったからこそ、この居心地の良いポジションに到達できたと思っています。このキセキ的な素晴らしい出会いに、心から感謝しています。ありがとうございます!!!

本


また、たびたびご来店なさって下さっていたお客様が、ある時からパッタリお見えにならなくなりました。最近フッと「あのお客様お元気にしていらっしゃるかしら」と頭に浮かびました。不思議や不思議、少ししてお見えになったのです???????なかなかご来店できない事情があったらしいのです・・・・


本


ある病院の先生も、「最近少しご無沙汰していらっしゃるようだわ」と何げなく頭に思い浮かんだ2〜3日後、ご来店下さいました?????


本


私はゴルフに関する知識があまりありません。どうしてもブログではゴルフに関する記事が少なくちょっと悩んでいると、何日もしないうちに、下野新聞の「私の生きていた刻(とき)」に小針先生の記事が掲載されました???????もちろん、早速私のブログに紹介させていただきました。


本


前回のブログでも書かせていただきましたが、小針先生の記事を入力して、このままでは芸がないので、さてあと、どんな記事を追加して掲載しようかと考えていますと、まさにちょうどその時、お客様が持って来て下さった『チョイス』に小針先生の特集記事が載っていました?????早速それを参考にして記事の続きを書かせていただきました・・・・・
 

本



いかがですか?これまで?と思ったほんの一部をご紹介しました。これをご覧になったほとんどの方が、そんなのは偶然で、とても小さな事で、くだらない事と思われているのではないでしょうか?

でも私は、それらのシンクロニシティー(偶然の一致)に大喜びし、出会いに感激し、それぞれの事にたくさんたくさん感謝しています。「なんてタイミングがいいんでしょう」「運がいいなあ」「不思議だなあ」と。


本のライン


以前より、エッセイストの[中山庸子さん]の生み出すフレーズは、とても優しくて品があり大好きでした。中山さんのエッセイ集にはステキな言葉・フレーズがキラキラしたダイヤモンドのように散りばめられています。
それらをちょっと(かなりかな?)拝借し、私のブログの中で、そのまま、またはアレンジしたりして「言葉のリサイクル?」をさせていただいています。ありがとうございます。
その中山さんのエッセイ集の中で、[浅見帆帆子さん]というエッセイストの方の存在を知りました。ちょうど「どうして私の周りで不思議な事が起こるんだろう」と思っていた時でした。

[浅見帆帆子さん]はエッセイストという事でしたので、ブログの参考にさせていただこうと、軽い気持ちで浅見さんの著書を何冊か図書館よりお借りしました。
しかし、なんと私の周りで起こった?な事の回答が、それらの本に書かれてあったんです!このタイミングも実に不思議です。

精神的な事・心の中の事・宇宙の事・四次元の世界の存在などはまだまだ市民権を得ていませんのでここでは省略させていただきます。私自身そういう事に固執し、ことさらに傾注しているわけではありません。
しかし書かれている内容には、共感できる所や、逆に私の拙い考え方を軌道修正・加味修正しなければならない所、さらに新しくおもしろい考え方などを発見しました。自分の判断で良いと思われる事はどんどん取り入れてみようと思っています。

ご関心のある方は[浅見帆帆子さん]の著書をご覧になって下さい。
尚、浅見さんは年を重ねた宗教家・思想家・占い師・心理学者などでは決してありません。(何と若干24歳の時、「こんなに若くして本を世に出していいのか」と悩みに悩んだ上、出版なさったという経過もあったようですよ。)1977年生まれで現在33歳の浅見さんは、「人は誰でも運のいい人になれます」という事を教えて下さいます。


本のライン


[浅見帆帆子さん]曰く。
「自分の周りに起こる事は、どんな小さな事でも、全部自分が招き寄せているのだから、自分次第でいいことばかり起こる人生に変えることができます」と。

今回の記事で小針先生が、陳清波さんの確認の怠りから優勝を手になさったのも、単なる偶然ではなく、なるべくしてなった結果であると確信しています。

やはり小針先生はすばらしい先生であるというのが私の偽らざる実感です。

皆さんはどう思われますか?

小針プロ

【文中の画像は、ゴルフダイジェスト社刊 『チョイス』様の
 2001月7月号 Vol.123よりお借りしました。ありがとうございました。】



<ご参考になさって下さい>

廣野ゴルフ倶楽部 - ゴルフ場ガイド / E*GOLF(イー・ゴルフ)
http://reserve.e-golf.co.jp/user/guide_detailInit.do?gcd=hg106

陳清波 プロフィール - あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]
http://spysee.jp/%E9%99%B3%E6%B8%85%E6%B3%A2/1120935/

ゴルフダイジェスト雑誌・出版情報 陳清波 ゴルフの芯! http://www.golfdigest.co.jp/digest/book/golfnoshin/default.asp

ゴルフの図書館|レッスンプロガイド-陳 清波(ちん・せいは)
http://www.golf-book.net/lessonpro/chin/index.html

小野光一 プロフィール - あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]
http://spysee.jp/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%85%89%E4%B8%80/1126774/

藤井義将 プロフィール - あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]
http://spysee.jp/%E8%97%A4%E4%BA%95%E7%BE%A9%E5%B0%86/1275198/

ゴルうんちく講 球聖ボビー・ジョーンズと対戦したサムライプロ・宮本留吉 http://www.membersgolfservice.com/PDF/pdf/200902_16.pdf#search
='宮本留吉'


宮本留吉プロフィール - あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]
http://spysee.jp/%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E7%95%99%E5%90%89/1211731/

香木原カントリークラブコース設計:宮本留吉 http://www.kagihara.co.jp/miyamoto/index.htm

KOZU GOLF
職人 宮本留吉と“Tom Miyamoto”ブランド
http://www.kozu-golf.com/miyamoto.html

陳清水 プロフィール - あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]
http://spysee.jp/%E9%99%B3%E6%B8%85%E6%B0%B4/1613332/

JGA 日本ゴルフ協会【日本オープンゴルフ選手権競技】 http://www.jga.or.jp/jga/html/2006/08-0/history/champions.html

下野新聞 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E9%87%8E%E6%96%B0%E8%81%9E

国民読書年:政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/pr/theme/kokumindokusyonen.html

田中優子 法政大学教授プライベートサイト
ゆう魚斎雑録(ゆぎょさいざつろく)
http://lian.webup08.jp/yuu/

那須塩原市図書館ホームページ
http://www2.city.nasushiobara.lg.jp/toshokan/

床下の小人たち
http://www.hico.jp/sakuhinn/8ya/yukasita.htm

toyota.jp | トヨタ自動車
http://toyota.jp/

トヨタ・MR-S - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BBMR-S

MR-S(05年12月~07年04月)のカタログ情報! http://www.carsensor.net/catalog/toyota/mr-s/

東野圭吾スペシャルインタビュー
http://www.s-woman.net/higashino/01.html

東野圭吾さんのファンサイト/御託をもうひとつだけ/ゲームの名は誘拐 http://from1985.pekori.to/keigotaku/review/game.html

ワタミホームページ
http://www.watami.co.jp/

渡邉美樹.net -大人の本気!情熱は成功への出発点-
http://www.watanabemiki.net/

渡邉美樹の裏のない話 オフィシャルブログ Powered by Ameba http://ameblo.jp/watanabemiki/

ひよこパソコン教室
http://hiyokopc.jp/

ひよこパソコン教室 那須塩原教室
http://hiyokopc.jp/nasu/index.htm

パソコンのことならアットサポートへ【那須塩原市】
http://www.a-support.info/p-top.html

月刊チョイス早刷版
http://www.golfdigest.co.jp/digest/magazine/choice/

シンクロニシティ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3

中山庸子の本屋さん
http://www.matsumotonakayama.co.jp/

「夢サロン」中山庸子さんライブラリー
http://www.k2.dion.ne.jp/~yu-salon/

浅見帆帆子Official Web Site/ Hohoko Style
http://www.hohoko-style.com/

| Better Half | ゴルフ | 20:01 | comments(2) | - | pookmark |
コメント
ゴルフって自然の中に溶け込んでできる生涯スポーツですよね。私も何か生涯チャレンジできるものを探しています。
習い事何か探しています。
http://www.kcfg.net/posokonkb/
| ペルセポネ | 2014/01/29 11:21 AM |
コメントありがとうございます。
ペルセポネさん、「生涯チャレンジできるもの」に出会えますように!
| Better Half | 2014/02/02 8:59 AM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

bolg index このページの先頭へ