blog index

Better Half's Diary(エバゴルフ・ブログ)

エバゴルフ工房のHPをご覧になって頂きありがとうございます。素敵な言葉・おもしろい言葉・感動した言葉などを書き留めたものが少しあります。出来るだけ暖かい温度を持っている言葉達を選び、足したり、引いたり、掛けたり、割ったりしながら、書き綴ってみたいと思います。ゴルフ・エコ・お花・お笑い・お料理・わが街の事やその時々の思いなど七つのカテゴリーを設けさせて頂きました。よろしくお願いします。              オーナーの妻(管理人)
<< 我が家風「とうもろこしのスープ」と「ジャガバター」 | main | 「楽しみ発見能力」は財産&特技 >>
扇子(せんす)は見目麗しい「究極の夏のエコアイテム」
                           
     リボン
                                 プレゼント
                                                                       リボン
『誕生日は
私ではなく
あなたの記念日だと
子供を産んでやっとわかりました。』        作者不明

最近の親子の会話より(電話口で、超おすまし口調で)
私:「こんにちは。もうじき可愛い、可愛いお嬢さんを産んでくれた記念日がやってきますね。」
母:「?????・・・・ふふふふふ・・・そうだね。」
私:「こんな暑い時に産むのは大変だったでしょう。ありがとうね。」
母:「どういたしまして。」・・・・・

『誕生日は「母の日」。
私にだけあるお母さんの日。
「おめでとう」の数だけ「ありがとう」』         作者不明

私も、誕生日と言う日は、産んでくれた最愛の親に感謝する日ではないかなー、と思っています。
お母さんありがとう、ありがとう、ありがとうの一億乗。
                 リボンリボン

時間というものは万人に共通に平等に与えられているはずなのに、短かったり、長かったり、早かったり、遅かったり、薄かったり、濃かったり、人や時代によってそれぞれ感じ方が違うものです。若い頃あれ程濃い密度に感じられた時間が、大人になってからは薄められ、何と速度を増すのでしょう。

私個人はただの初老の人間です。でも、神様が結んでくれた赤い糸をほどかずにいてくれる、愛しのBetter Half様がいらっしゃるお陰で、世間では夫婦と呼ばれています。
たった一人だけど可愛いDaughterがいてくれるお陰で、親と呼ばれています。
実家には最愛の母が元気でいてくれます。私は自分を不肖の娘と呼んでいます。
人間のお勉強をし、妻のお勉強をし、母親のお勉強をし、娘のお勉強をし、お笑売のお勉強をし、来年の今頃は3回目の成人式を迎えます。地球と言う星ではなんでも還暦と言うらしいですね。今年はアラ還(アラウンド還暦)で、来年はズバ還(ズバリ還暦)かな?
ふふふ・・・・・・

この所、体のあちこちで生きて来た年月の重さときしみを感じる事がなんと多くなったことか・・・・・もう体のメンテナンスには時間と費用がかかる年代なんですね。
しかし今、地球には大不況の嵐が吹き荒れています。もちろん例外なく我が家にも超大嵐が吹き荒れていて、メンテナンスに費やす費用なんてムリ、ムリ。
私は超・超早起き人間で、「朝早く起きる贅沢」というのを毎日存分に味わう事が出来てとても幸せなのです。でも、そんなに早く起きてもどういう訳か時間が足りません。
そんなこんなで、メンテナンスに費やす費用も時間も無く、体中メンテナンス不足だらけです。もう年をとるのも重ねるのも御免です!
「若い時の苦労は買ってでもしなさい。」と言われますが、今は売ってでもしたくありません。笑笑笑笑笑・・・・・・
                 リボンリボン

私の誕生日を明日に控えた日曜日にMy Daughterに誘われてお出かけする事にしました。どうしましょう!・・・・・・・なぜか愛しのBetter Half様も一緒に出かける事になりました・・・・・・・・それっていつもの誕生日とは設定が全然違います。「ゲリラ豪雨が来る!」と言う私の予感は見事的中!夕食を頂いている最中、ゲリラ豪雨の襲来です!

なかなかゲリラ豪雨の止む気配がない様子に業を煮やしたBetter Half様は、扇子を頭の上にかざし、車に向って全速力!!!!ああなんて男らしいんでしょう!・・・でも、でも、Better Half様!その扇子は100円ショップで30本買えるのよ!あああああああ・・・・・

我が愛しのBetter Half様は新陳代謝が非常に良い生き物です。辛い物や熱いものを食べた後、鼻の頭・おでこには汗がびっしょり!!本来扇風機さんというものは、冬の間は倉庫で冬眠出来る筈です。しかし、その中の一台は、かわいそうに、真冬も食事の後やお風呂上りに一生懸命働かされて、お気の毒様でした。ご苦労様でした。

そんな訳で、新陳代謝が非常に良いBetter Half様の今頃の暑さ対策に登場するのが、扇子です。動力は自分です。風を持ち歩くことができます。手を軽く動かすだけです。省エネです。シタジキより団扇(うちわ)よりずーっと詩情的です。まさに扇子はBetter Half様にとって見目麗しい「究極の夏のエコアイテム」なのです。

しかし100年に一度の大不況とやらは、見目麗しい「究極の夏のエコアイテム」の扇子にまで影響しています。しばらく100円ショップから購入したので我慢して頂いていました。でも100円の品物は所詮100円なんですよね・・・・
無駄な贅沢は慎まなければなりません。でも高価で(扇子でなく)センスがをある一流品を傍において、お友達になる事はとても良い事だと思っています。心が豊かになります。(扇子でなく)センスも磨けます。

Better Half様が、ゲリラ豪雨で傘代わりに頭にかざした扇子は、実は100円ショップで30本程買える、ほんのちょっぴりだけお高い扇子だったのです。あああああああ・・・・

お金に不自由されていない方がこのブログをご覧になられていたら、なんて次元の低い話なんだろうと軽蔑なさっている事でしょう。でもこれが悲しいかな我が家の現実なんです・・・・

車の中で、瀕死の重症を負っている扇子をチラッと眺めつつ、ゲリラ豪雨がもたらした稲妻様と雷様の天体ショーを「すごい!すごい!」と歓声を上げながら車の窓から眺めつつ帰路に着きました。
                 リボンリボン

私という人間は、ちょっと嬉しい事を言われると、2~3日ニコニコと笑って生きる事が出来る、という単純な生き物のようです。それから算出すると、お誕生日の日の嬉しかった事(My DaughterとBetter Half様がお金を出し合ってプレゼントを買ってくれ、三時のお茶と夕食はBetter Half様がご馳走してくれました。)を反芻して生きれば、約一ヶ月位ニコニコして生きられるのではないかなーと思っています。
Better Half様、Daughter様、ホントにどうもありがとう。来年も再来年も、その次もその次もずーっと先の誕生日も、どうぞよろしく!

「男は黙って・・・」は大昔の野暮な遺産です。女性は現実的な生き物なのです。はっきりとした褒め言葉や現物はうれしいものです。女性の皆さん絶対そうですよね。ね。

以上、今年の私のお誕生日の一シーンでした。この地球と言うきれいな星に住まわれている、全ての皆様のお誕生日が、幸せに満ち満ちた一日でありますように!!

リボン

                               『「ハッピー」という名のオーデコロンは
                               人にふりかけると、私もいい香りになる。』   作者不明

                                                                       リボン
| Better Half | エゴからエコへ | 21:45 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

bolg index このページの先頭へ