blog index

Better Half's Diary(エバゴルフ・ブログ)

エバゴルフ工房のHPをご覧になって頂きありがとうございます。素敵な言葉・おもしろい言葉・感動した言葉などを書き留めたものが少しあります。出来るだけ暖かい温度を持っている言葉達を選び、足したり、引いたり、掛けたり、割ったりしながら、書き綴ってみたいと思います。ゴルフ・エコ・お花・お笑い・お料理・わが街の事やその時々の思いなど七つのカテゴリーを設けさせて頂きました。よろしくお願いします。              オーナーの妻(管理人)
<< 即笑WORLD No.1 | main | エゴからエコへ No.2分別(ふんべつ)ある分別(ぶんべつ)を >>
エゴからエコへ No.1地球未来視考
地球

3月のカレンダーをめくると、桜色のベビーピンク、サーモンピンク、時々ショッキングピンクなどが目に飛び込んできます。4月のカレンダーは私の大好きなピンク・ピンクであふれていて、まさに春満開です。でも私の住む町はまだまだ春が始まったばかりです。
  

ライン1


突然でスミマセンが、皆さんは「輪廻転生」は存在すると思われますか?
(何という事でしょう!私自身は絶対信じたくないのですが)あと何年かで私は「生誕六十年!」を迎えます。その「生誕六十年!」間近の私が今まで見聞した事を総合的に考えてみた結果、おそらく「輪廻転生」は存在するのではないかという結論に至っています。
あの高名なスピリチュアル・カウンセラーの方の著書にも、「人は永遠の旅人にほかなりません」と記されていました・・・・・・・・。
 

ライン2


話しが飛び飛びで申し訳ありませんが、今私が住んでいる那須塩原市では、平成21年4月から新しいごみ処理計画に基づいて、新しい分別・収集・有料化が始まりました。
自宅の斜め前は、約五十数軒が利用しているゴミステーションが設置されています。そして最近ある植木鉢と出会いました。(植木鉢に関しては次回記事にいたします。)

これを機にエコ [Ecology エコロジー 環境のこと]について少し考えてみました。
エコとは、自然と人間が作った環境の共存について考え、気づき、自分の生活でできることをしていく事ではないでしょうか。エコを考えるに当たっては、どうしても「地球温暖化」の事を見過ごすわけには行きません。
  

ライン3


ここに「チーム・マイナス6%」運営事務局(環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室)が運営するサイトの中に、ぜひじっくりとご覧になっていただきたい映像があります。

(その前に「チーム・マイナス6%」とは・・・・
現在深刻な問題となっている地球温暖化。人類が繁栄した結果、CO2などの温室効果ガスが増え、地球の温度が年々上昇しています。世界各地では、この地球温暖化によって様々な影響が現れ始めていて、例えばすさまじい台風や豪雨で大きな水害が起こったり、逆に雨の降らなくなった地域もあって、植物が枯れてしまったりしています。温暖化による異常気象が、各地で報告されているのです。
この解決のために世界が協力して作った京都議定書が2005年2月16日に発効され、さらに2008年からは、京都議定書で定められた削減目標の第一約束期間に入りました。
世界に約束した日本の温室効果ガス排出量の削減目標は、1990年に比べて6%削減することだそうです。これを実現するための国民的プロジェクト、それが「チーム・マイナス6%」です。)

それは2100年までの温暖化を予測した[地球温暖化シュミレーション]です。

ナビゲーターの江守正多さん(独立行政法人国立環境研究所 地球環境研究センター 温暖化リスク評価研究室長)が、この映像を見るに当たって、次のように注意しております。
「この映像はシナリオによって仮定された未来を計算したものですから、将来を予言するものではありません。また地球についてもまだ正確にはわかっていない部分もあるため、もう一つの地球・気候モデルの計算には科学的にも不確実な部分があり予測には幅が出ます。この映像は幅がある予測の一例です。そして全体的な傾向を探るためのものであって、ある特定な年のある特定な地域の状態を予測するものではありません。これらをご理解の上ご覧下さい。」と。これを念頭におかれてぜひぜひご覧になってください。

[地球温暖化シュミレーション http://www.team-6.jp/cc-sim/flash.html]

温暖化によって生態系や人間社会は大きな影響を受けると予測されます。
○ 高温や干ばつにより農業の生産性が落ちる地域が出る。
○ 雨が減って水不足が深刻化する地域が出る。
○ 逆に大雨による洪水の危険性も高まる。
○ 標高の低い沿岸地域では海面の上昇によって高潮の危険性が高まる。
○ 熱波による健康被害が増える。
○ マラリアなどの熱帯伝染病の危険にさらされる地域が増える。
○ 生態系が破壊され絶滅する生物種がふえる
 

ライン4


いかがでしたか?「この映像は仮定された未来に過ぎません。」といくら言われても、我が愛すべき地球の未来をこの目で視て考えると何と寒々とする事か。

温暖化の進行をくい止めるためには、世界の温室効果ガスの排出量を大幅に減らさなくてはなりません。そのためには、一人ひとりの取り組みはもちろん、地域、企業、国といったあらゆるレベルでの取り組みが必要です。

地球温暖化問題という大きなテーマに対して、私たち一人ひとりができることは何でしょうか?一人ひとりの力はそれほど大きくないかもしれません。でもみんなの力がチームとなって結集すれば、地球規模の大きな力になれると思います。日常生活や事業活動の中で省資源・省エネルギーに取り組めば、CO2削減の大きな力となります。身近にできるちょっとしたことが、チームになれば大きな力になります。そしてその力は、確実に地球温暖化防止に役立つのです。大切なのは、チームの力を信じて、一人ひとりができることから実践していくことではないでしょうか。一人ひとりが力を合わせ、今から行動することで、未来はまだ変えることが出来ます。

例えば今から100年後、その時生きる人類は、自分達がどんな地球に住むかを決める事が出来ません。未来を決める事が出来るのは今生きている私達だけなのです。その時生きる人類とは、あなたの子孫だけではなく、多分輪廻転生した次の時代のあなた自身かもしれません。いいえきっとこれはそんなあなた自身の問題なのです!

自分一人位どうでもいいというエゴは捨てましょう。また自分一人が何とかしようとしても、どうにもならないんじゃないかと無気力になるのも止めましょう。一人一人が考え、行動していけば、それは大きな力となるのではないでしょうか。ただ黙って見ているだけでは変化はありえません。すぐに、簡単に、毎日できる、ことから始めてみませんか。そこで次回は、私達が出すゴミについて考えてみたいと思います。 

ライン5


(さて、余談ですが、エコに関して個人はなかなか進まないようですが、企業はかなり積極的のようですね。エコの名の下、電気、水、紙、燃料などなど、節約には事のほか熱心なようです。そして何やらヒトまで随分節約するらしいですね。世界的な不況での業績悪化。その中で生き残っていかねばならない大儀は理解します。しかし非正規労働者を切り捨てる理由にはならないのではないでしょうか。とりわけ生活と命の問題ですから。そんな節約はエコではなく企業のエゴ以外の何者でもないのではないでしょうか?)
 

ライン1


私達は、一人ひとりが主人公です。
地球のすべての人が主人公です。
あなたがこの地球を救う力を持っているのです。
地球を救えるのはあなたの力なのです。

まだ遅くはないのです。
あなたはできるのです。
その力はあなたを救います。
あなたの愛する人を救います。
あなたが世界を変えるのです!
あなたがこの地球を救うのです!
| Better Half | エゴからエコへ | 16:35 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

bolg index このページの先頭へ