blog index

Better Half's Diary(エバゴルフ・ブログ)

エバゴルフ工房のHPをご覧になって頂きありがとうございます。素敵な言葉・おもしろい言葉・感動した言葉などを書き留めたものが少しあります。出来るだけ暖かい温度を持っている言葉達を選び、足したり、引いたり、掛けたり、割ったりしながら、書き綴ってみたいと思います。ゴルフ・エコ・お花・お笑い・お料理・わが街の事やその時々の思いなど七つのカテゴリーを設けさせて頂きました。よろしくお願いします。              オーナーの妻(管理人)
「楽しみ発見能力」は財産&特技
                                月桂樹のリース
Better Half's Diaryにようこそ!

今迄このブログへのコメントはご遠慮させて頂いていました。実は時間とのお付き合いが下手過ぎて、時間が足りなくて、例えコメントを頂いても、お返事は不可能と思い、お断りしていた次第です。

「私の一方的な心の足跡」で結構、「自己満足の世界」で結構、と思って来ました。

でもこの所、色々と思う所がありまして、「もしコメントして下さる方がいらっしゃるようであれば、ちょっとの間、コメントを頂いて見ようかな。」と言う心境に至りました。

見た目と違い??意外や意外、ガラスのハート(ハート)の持ち主?ですのでくれぐれもお手柔らかにお願いします。

              葉のライン

知識より大切なのは、
楽しむ能力。
人生をガードする知識より、
人生を作り出す能力。
「自分に生まれて良かった。」
と言う解答は
知識だけでは得られない。          
                中山庸子(エッセイスト、イラストレーター)

              葉のライン

今日何か楽しい事はありましたか?何か嬉しい事はありましたか?今日一日を楽しみましたか?

「天真爛漫で、後ろ向きの事なんか絶対考えず、人生を楽しむ達人」・・・・なんて、とてもとても私には出来ません。なれません。でも、同じ人生を過ごすなら、一日中泣いて過ごすより、ちょっとでも多く喜んだり、一回でも多く笑った方が、絶対お得ですよね!そして小さな喜びを積み重ねた先に、きっと“何か”が見つかるような気がするような、しないような・・・・・・・・・

              葉のライン

今日は久しぶりに、月桂樹のプレーンなリースを作ってみました。

月桂樹はクスノキ科の常緑高木で、別名「ローリエ」や「ローレル」などで知られる香辛料の一種です。ほんのりと少し苦く、清涼感が素材のクセを消し去ってくれるのに役立ちます。また様々な薬効があり、古くから薬用としても重宝されて来たと伝わっています。

葉をつけたままの枝でリースを作り、室内にかけておくと空気を清浄する事も出来ます。

また月桂樹は、モロッコやスペインなどの地中海沿岸を原産とし、ラテン語で「褒め称える」と言う意味を持っているそうです。月桂樹は、勝利と栄光のシンボルとして、競技の勝者に贈られる冠として、古くは競技の勝者のみならず、優れた詩人にも贈っていた、と言われているようです。これは月桂樹が、音楽や芸術の神であるアポロンと関係が深いものである事が由来と考えられているそうです。

≪一説では、太陽の神アポロンは美しい娘(ダフネ)を慕い続けたのですが、ダフネは気が進みません。神々は、しつこく追い回されたダフネを哀れに思い、ローレルの樹に変えてしまいました。以来、ギリシャではローレルを「ダフネの樹」と呼ぶようになったという事です。≫

私は一年に一度必ず月桂樹の枝の簡単リースを作ります。

『今年も、「生きて来た年月の重さときしみ」と戦い、あちらこちらの痛みに耐えながら、箱(それもダンボールの箱)入り奥さんとして、それはそれは狭いテリトリーの中で、ホントに良く頑張ました。』と、自分で自分を褒め称え、勝利?と栄光?のシンボルとして、冠よりはかなり大きめのリースを作り、無事玄関に飾る事が出来ました。

世界にたった一つしかないインテリア用品として、空気清浄のため、またカレーやシチューやスープ料理に乾燥した葉を頂いたりと、今年も色々と重宝してくれる事でしょう。

と記述すると、何かとてもオシャレのようですが、月桂樹のリースを作る本当の理由は、月桂樹の成長が早くて早くて、一年に一度は必ず剪定をしないと大変な事になるからなのです。

剪定した枝でオリジナルのインテリア用品が出来、たくさんの効果があるとすると、これもHappy・エコ・アクションのひとつでしょう。

月桂樹の花言葉は【名誉】【勝利】【栄誉】【栄光】です。

              葉のライン

今日はもう一つ、ローズマリーの超簡単リースも作りました。

                           ローズマリーのリース

ローズマリーは、地中海沿岸地方原産で、シソ科に属する常緑性低木です。生葉もしくは乾燥葉を、香辛料としてお肉や魚料理に用いることが出来ます。また化粧水、ハーブオイル、石けん、スチームパック、入浴剤など色々な用途にも使われます。

学名の「Rosmarinus」 は、ラテン語の ros〔露〕 marinus 〔海の〕 が語源で、「海のしずく」の意味を持ちます。海岸の崖などから春に咲かせる青紫の小さい花が青いしずくのようにみえることに由来しているようです。

ローズマリーは、そのさわやかな香りと、一年中緑を絶やさないことから多くの人に愛されるポピュラーなハーブです。

ローズマリーのリースを素手で作ると、手がベトベトになります。どうぞご注意を。

ローズマリーの花言葉は
【思い出】【記憶】【追憶】【私を思って】【静かな力強さ】【誠実】【親切】です。

              葉のライン

「好奇心」と言うものは、なんと人間を生き生きとさせてくれるんでしょう!

私は、その「好奇心」をお友達にして、人生を色づかせる挑戦をしながらここまで歩いて来たような気がします。

リース作りもその一つです。簡単な物から複雑な物?まで、色んなリースをたくさん作ってきました。

でも、パソコンに関して全く初心者の私が、『「エバゴルフ工房」のHPを作る!』という大きな夢を持ってしまってからは、(と言うより、パソコンに「好奇心」を持ってしまってからは、)時間が足りなくてなかなかリース作りも出来ませんでした。

今日は久しぶりにとても簡単な2つのリースを作る事ができました。完成品は、目も鼻からも楽しませてくれ、短時間での達成感は心も満足させてくれます。はやはりこの楽しさは癖になりますね。

皆さんは今日、どんな楽しい事に出会えたのでしょう?どんな嬉しい事を体験されたのでしょう?

「好奇心」と言う素晴らしい神様からのプレゼントを、両方のポケットに入れつつ、ささやかな楽しい事・嬉しい事を発見できる才能があると言う事は、とても大事な一生の財産であり特技ではないでしょうか?

では、また・・・・お会いしましょう。


              葉のライン

<参考にして下さい>

月桂樹【魔法の香辛料ノート】
http://www.mahouspice.com/laurier/

ローズマリー【魔法の香辛料ノート】
http://www.mahouspice.com/rosemary/
| Better Half | エゴからエコへ | 18:05 | comments(0) | - | pookmark |
扇子(せんす)は見目麗しい「究極の夏のエコアイテム」
                           
     リボン
                                 プレゼント
                                                                       リボン
『誕生日は
私ではなく
あなたの記念日だと
子供を産んでやっとわかりました。』        作者不明

最近の親子の会話より(電話口で、超おすまし口調で)
私:「こんにちは。もうじき可愛い、可愛いお嬢さんを産んでくれた記念日がやってきますね。」
母:「?????・・・・ふふふふふ・・・そうだね。」
私:「こんな暑い時に産むのは大変だったでしょう。ありがとうね。」
母:「どういたしまして。」・・・・・

『誕生日は「母の日」。
私にだけあるお母さんの日。
「おめでとう」の数だけ「ありがとう」』         作者不明

私も、誕生日と言う日は、産んでくれた最愛の親に感謝する日ではないかなー、と思っています。
お母さんありがとう、ありがとう、ありがとうの一億乗。
                 リボンリボン

時間というものは万人に共通に平等に与えられているはずなのに、短かったり、長かったり、早かったり、遅かったり、薄かったり、濃かったり、人や時代によってそれぞれ感じ方が違うものです。若い頃あれ程濃い密度に感じられた時間が、大人になってからは薄められ、何と速度を増すのでしょう。

私個人はただの初老の人間です。でも、神様が結んでくれた赤い糸をほどかずにいてくれる、愛しのBetter Half様がいらっしゃるお陰で、世間では夫婦と呼ばれています。
たった一人だけど可愛いDaughterがいてくれるお陰で、親と呼ばれています。
実家には最愛の母が元気でいてくれます。私は自分を不肖の娘と呼んでいます。
人間のお勉強をし、妻のお勉強をし、母親のお勉強をし、娘のお勉強をし、お笑売のお勉強をし、来年の今頃は3回目の成人式を迎えます。地球と言う星ではなんでも還暦と言うらしいですね。今年はアラ還(アラウンド還暦)で、来年はズバ還(ズバリ還暦)かな?
ふふふ・・・・・・

この所、体のあちこちで生きて来た年月の重さときしみを感じる事がなんと多くなったことか・・・・・もう体のメンテナンスには時間と費用がかかる年代なんですね。
しかし今、地球には大不況の嵐が吹き荒れています。もちろん例外なく我が家にも超大嵐が吹き荒れていて、メンテナンスに費やす費用なんてムリ、ムリ。
私は超・超早起き人間で、「朝早く起きる贅沢」というのを毎日存分に味わう事が出来てとても幸せなのです。でも、そんなに早く起きてもどういう訳か時間が足りません。
そんなこんなで、メンテナンスに費やす費用も時間も無く、体中メンテナンス不足だらけです。もう年をとるのも重ねるのも御免です!
「若い時の苦労は買ってでもしなさい。」と言われますが、今は売ってでもしたくありません。笑笑笑笑笑・・・・・・
                 リボンリボン

私の誕生日を明日に控えた日曜日にMy Daughterに誘われてお出かけする事にしました。どうしましょう!・・・・・・・なぜか愛しのBetter Half様も一緒に出かける事になりました・・・・・・・・それっていつもの誕生日とは設定が全然違います。「ゲリラ豪雨が来る!」と言う私の予感は見事的中!夕食を頂いている最中、ゲリラ豪雨の襲来です!

なかなかゲリラ豪雨の止む気配がない様子に業を煮やしたBetter Half様は、扇子を頭の上にかざし、車に向って全速力!!!!ああなんて男らしいんでしょう!・・・でも、でも、Better Half様!その扇子は100円ショップで30本買えるのよ!あああああああ・・・・・

我が愛しのBetter Half様は新陳代謝が非常に良い生き物です。辛い物や熱いものを食べた後、鼻の頭・おでこには汗がびっしょり!!本来扇風機さんというものは、冬の間は倉庫で冬眠出来る筈です。しかし、その中の一台は、かわいそうに、真冬も食事の後やお風呂上りに一生懸命働かされて、お気の毒様でした。ご苦労様でした。

そんな訳で、新陳代謝が非常に良いBetter Half様の今頃の暑さ対策に登場するのが、扇子です。動力は自分です。風を持ち歩くことができます。手を軽く動かすだけです。省エネです。シタジキより団扇(うちわ)よりずーっと詩情的です。まさに扇子はBetter Half様にとって見目麗しい「究極の夏のエコアイテム」なのです。

しかし100年に一度の大不況とやらは、見目麗しい「究極の夏のエコアイテム」の扇子にまで影響しています。しばらく100円ショップから購入したので我慢して頂いていました。でも100円の品物は所詮100円なんですよね・・・・
無駄な贅沢は慎まなければなりません。でも高価で(扇子でなく)センスがをある一流品を傍において、お友達になる事はとても良い事だと思っています。心が豊かになります。(扇子でなく)センスも磨けます。

Better Half様が、ゲリラ豪雨で傘代わりに頭にかざした扇子は、実は100円ショップで30本程買える、ほんのちょっぴりだけお高い扇子だったのです。あああああああ・・・・

お金に不自由されていない方がこのブログをご覧になられていたら、なんて次元の低い話なんだろうと軽蔑なさっている事でしょう。でもこれが悲しいかな我が家の現実なんです・・・・

車の中で、瀕死の重症を負っている扇子をチラッと眺めつつ、ゲリラ豪雨がもたらした稲妻様と雷様の天体ショーを「すごい!すごい!」と歓声を上げながら車の窓から眺めつつ帰路に着きました。
                 リボンリボン

私という人間は、ちょっと嬉しい事を言われると、2~3日ニコニコと笑って生きる事が出来る、という単純な生き物のようです。それから算出すると、お誕生日の日の嬉しかった事(My DaughterとBetter Half様がお金を出し合ってプレゼントを買ってくれ、三時のお茶と夕食はBetter Half様がご馳走してくれました。)を反芻して生きれば、約一ヶ月位ニコニコして生きられるのではないかなーと思っています。
Better Half様、Daughter様、ホントにどうもありがとう。来年も再来年も、その次もその次もずーっと先の誕生日も、どうぞよろしく!

「男は黙って・・・」は大昔の野暮な遺産です。女性は現実的な生き物なのです。はっきりとした褒め言葉や現物はうれしいものです。女性の皆さん絶対そうですよね。ね。

以上、今年の私のお誕生日の一シーンでした。この地球と言うきれいな星に住まわれている、全ての皆様のお誕生日が、幸せに満ち満ちた一日でありますように!!

リボン

                               『「ハッピー」という名のオーデコロンは
                               人にふりかけると、私もいい香りになる。』   作者不明

                                                                       リボン
| Better Half | エゴからエコへ | 21:45 | - | - | pookmark |
山菜採りはHappy エコアクション?
                

アケビ

                                       2009.4.26 アケビのアーチ

春はかねてからの約束のようにやって来てくれて、今、まわりの世界はみどり色の新入生でいっぱいですね。

(現在日本における食料自給率は40%前後ということです。となりますと、私は見かけは100%純粋の日本人ですが、ほぼ60%は舶来品である、というおもしろい見方も出来ることになりますね?????)

山菜の季節になりました。
自宅のまわりに、ノビル(ノノヒロ)、タラノメ、山椒、シロキ(シラキ・コシアブラ)、フキ、ミツバ、ギョウジャニンニク、ウルイなどを少し植えてあります。一度植えると、地球が勝手に育ててくれ、手間いらずで、目でも口でも体でも春の訪れを感じられます。これも(外国からの輸入にたよらず)広い意味でのHappy エコアクションの一つではないでしょうか?

      シロキ ウルイ 山椒

しばらく心が違う方ばかりを眺めていましたら、「あっ、何時の間にこんなにピカピカの山椒の葉が生えていたんだろう?」とびっくりしてしまいました。ほったらかしなのに、自然の力強さを感ぜずにはいれませんでした。

山菜といえば苦味がつきものですね。
草木がいっせいに芽吹くように、人間の身体も春には新陳代謝が盛んになるそうです。冬の間にため込んだ脂肪や老廃物を体外に排出するのを助けるのが苦味成分だとも言われています。昔の人は春に山菜を食べて老廃物などの毒素を出し体を浄化した、というわけです。地球には動物が浄化をしたいときに、浄化作用のある植物を作ってくれる働きがあるんですね。自然界の仕組みは本当の良く出来ており、私達もその恩恵にあずかっているわけです。

       ギョウジャニンニク シロキ ノノヒロ

私達には山歩きの超ベテランである友人がいます。かれこれ三十年のお付き合いになります。今年ももう、タラノメ、シロキ、を頂き食させていただきました。他にワラビ、ジダケ、ジネンジョなどありとあらゆる山の恵みの一級品を持って来てくれます。

4月24日にその友人が違う用で来てくれたのですが、どういうわけかシロキを採りに行こうという事になりました。私のパートナーと友人と二人でたった二時間程ですがシロキ採りにでかけてくれました。下の写真はその収穫です。地球という大自然が作ってくれたエコ食材GET!健康もGET!HappyもGET! 偉大な地球と友人に感謝、感謝!!

        シロキ

「春は苦い物を採れ。」先人が体験から残してくれた言葉に習い、山菜採りというHappy エコアクションで大自然の恵みを受け、体を目覚めさせましょう。春ですよー。
| Better Half | エゴからエコへ | 22:35 | - | - | pookmark |
エゴからエコへ No.2分別(ふんべつ)ある分別(ぶんべつ)を
   

リサイクル鉢


突然勝手なお願いで申し訳ございませんが、この記事をご覧になる前に、前回の[エゴからエコへ No.1地球未来視考]をぜひぜひご覧になって下さい。

2100年までの温暖化を予測した[地球温暖化シュミレーション]をどうしてもご覧になっていただきたいのです。よろしくお願いします。

ライン1


先日、30年来の友人宅に伺いました所、ちょっとめずらしい植木鉢が置いてありました。
上の写真が(その後この記事を書いてみるきっかけになった)植木鉢です。

何でも、ごみ?をリサイクルして作ったのを買い求めたという事です。
(神様は好奇心という素晴らしい物をほんのちょっと多めに私に与えて下さったようです。)ご近所らしいので喜んで連れて行ってもらいました。

ライン7


友人のご近所の藤田さん宅にお邪魔して色々お伺いしました。

(ボランティア団体「PB-530(プラスチック・ブレンド・ゴミゼロ)会」
環境リサイクル事業部 日本ホームサービス協会 代表 藤田洋さん
那須塩原市新町115-107 TEL 0287-62-2328 携帯 090-6508-2479)
   

map


藤田さんは、家庭から出される廃プラスチック類(廃プラ)を回収して、業者に出し、「リ・プラ(リサイクルプラスチック)材」として製品化してもらっているとの事。
「リ・プラ材」は、2008年に栃木県から「とちの環エコ製品」に認定され、植木鉢や、土木用・建築用の資材(一般家庭の塀・ベンチ・デッキ、牧場の柵etc.)などさまざまな用途に使用されているそうです。

ご自宅の敷地には植木鉢やベンチやテーブルなど展示してありました。

(下野新聞の2月28日「2009エコとちぎ」にも「PB-530会」の藤田さんに関する記事がのっていました。http://www.shimotsuke.co.jp/koukoku/eco/pdf/090228.pdf

ライン2


さらにお伺いした事をまとめてみますと

○ 重油を使って燃やすのではなく、粉砕して溶かし形成してリサイクルするため、地球にとても優しい。

「リ・プラ材」は木とは異なり腐らないので一生使える。不要になったら再び「リ・プラ材」に戻せるので無駄なごみも出ない。

○ 家庭のごみからプラスチック類を分類し、残ったごみをゴミステーションに出すため、以前と比べてゴミの量がかなり減る。(ペットボトル・缶・発泡スチロール・色物トレイも大丈夫)

○ したがって、指定の有料のごみ袋が少なくて済む事になる。

○ 藤田さん宅の横に「エコステーション」が設置してある。365日都合の良い時、何時でも持ち込み大丈夫である。

○ 限りある資源を循環的に利用していくという循環型社会に貢献できる。

ライン3


早速、自宅の可燃ごみを見てみますと「プラスチック」と表示されている物の多い事にビックリしました。

(社団法人 プラスチック処理促進協会「プラスチックごみを分けてみたら」http://www.pwmi.or.jp/pk/pk02/pkflm204.htmも参考にして下さい。)

なんと家庭から出されるごみの約六割(厚生省報告による平成八年度のごみ全体の容積に占める割合)が飲料や食品の容器、包装物なのだそうです。
この容器包装ごみをリサイクルすれば、相当の量のごみが減量できるわけです。
分別(ふんべつ)ある分別(ぶんべつ)をする事により、焼却施設に余裕ができ、埋め立て処分場の寿命も延びるのではないでしょうか。
まさに、捨てればごみ、活かせば資源ですね。

ごみはゴミステーションに出してしまえばとても簡単です。
しかし前回の記事の[地球温暖化シュミレーション]を思い出してください・・・・・。
燃やされたり、埋め立てられたりするごみを、あなたが毎日簡単に出来るごみの分別により、リサイクルし、社会に循環させるという事が可能なのです。
それによってもしかしたら、未来の地球を救うお手伝いがほんの少し出来るのではないでしょうか。

もし、「廃プラスチック類(廃プラ)を分別してみよう。」と思われた方は下記の注意点を念頭に置かれてご協力をお願いします。

ライン4


廃プラスチック類(廃プラ)の回収に協力して下さる方へのお願い。

(市が配布した「ごみの分け方出し方」を参考にして下さい)
藤田さん宅のエコステーションに持ち込める物は

資源物の中からはペットボトル(キャップ・ラベルはそのままで良い)
・缶類・発泡スチロール・トレイ(色物もOK)。


可燃ごみの中からは
プラスチックが表示されている物すべて・廃油。

ライン5


エコステーションに出す時注意していただきたい事。

匂いのあるものは、(保存している間に)カラスが突くので洗って出して下さい。
(私は納豆のふたを除いた匂いの付いた容器だけは可燃ごみに出しています。)

金属の付いたプラスチックは粉砕機の歯がだめになるので絶対混ぜないで下さい。(例えば金属の取っ手が付いたバケツなど)

中がわかる程度の袋(半透明の袋も可)に、缶以外は全部混ぜて入れて出して良い。

○一番最初は備え付けのノートに住所と名前を書いて下さい。

○土・日で晴れの時は「友愛の森」に行かれるで留守になります。
(展示されている商品が欲しい方は、前もって電話をされてから行かれた方が良いと思います。)

○何でも大丈夫かと思いダンボールや毛布などあらゆるものを持ち込む方がいるらしい。
くれぐれもごみすべてを持ちこんで良いわけではありません。

○このエコアクションを起こしても、実際私達には、有料のごみ袋が少なくて済む事以外に金銭的な利益は何も発生しません。むしろ藤田さん宅までのガソリン代が自己負担になります。

○遠方にお住まいの方・高齢の方・とてもお忙しい方・お車を運転なさらない方はご無理なさらないで下さい。

ライン6


私達が直面する環境や地球に関する様々な問題は、あまりにも大き過ぎます。

でもただ黙って見ているだけでは変化はありえません。

すぐに、簡単に、毎日できる事からエコアクションを始めてみませんか。

今・現在の地球のために。そしてずっと先の未来の地球のために。もしかしたら、そこに住んでいるかもしれない未来のあなた自身のために・・・・・。

風邪やはしかがうつるように、エコアクションがうつりますように。このブログをご覧になった方が、たくさんたくさんエコアクションに感染しますように。

私は信じています。本来、日本人には地球のことを思いやれる優しいDNAがあると。

エゴとエコ、地球が喜んでくれるのは?・・・もちろんエコですよね。

| Better Half | エゴからエコへ | 09:22 | - | - | pookmark |
エゴからエコへ No.1地球未来視考
地球

3月のカレンダーをめくると、桜色のベビーピンク、サーモンピンク、時々ショッキングピンクなどが目に飛び込んできます。4月のカレンダーは私の大好きなピンク・ピンクであふれていて、まさに春満開です。でも私の住む町はまだまだ春が始まったばかりです。
  

ライン1


突然でスミマセンが、皆さんは「輪廻転生」は存在すると思われますか?
(何という事でしょう!私自身は絶対信じたくないのですが)あと何年かで私は「生誕六十年!」を迎えます。その「生誕六十年!」間近の私が今まで見聞した事を総合的に考えてみた結果、おそらく「輪廻転生」は存在するのではないかという結論に至っています。
あの高名なスピリチュアル・カウンセラーの方の著書にも、「人は永遠の旅人にほかなりません」と記されていました・・・・・・・・。
 

ライン2


話しが飛び飛びで申し訳ありませんが、今私が住んでいる那須塩原市では、平成21年4月から新しいごみ処理計画に基づいて、新しい分別・収集・有料化が始まりました。
自宅の斜め前は、約五十数軒が利用しているゴミステーションが設置されています。そして最近ある植木鉢と出会いました。(植木鉢に関しては次回記事にいたします。)

これを機にエコ [Ecology エコロジー 環境のこと]について少し考えてみました。
エコとは、自然と人間が作った環境の共存について考え、気づき、自分の生活でできることをしていく事ではないでしょうか。エコを考えるに当たっては、どうしても「地球温暖化」の事を見過ごすわけには行きません。
  

ライン3


ここに「チーム・マイナス6%」運営事務局(環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室)が運営するサイトの中に、ぜひじっくりとご覧になっていただきたい映像があります。

(その前に「チーム・マイナス6%」とは・・・・
現在深刻な問題となっている地球温暖化。人類が繁栄した結果、CO2などの温室効果ガスが増え、地球の温度が年々上昇しています。世界各地では、この地球温暖化によって様々な影響が現れ始めていて、例えばすさまじい台風や豪雨で大きな水害が起こったり、逆に雨の降らなくなった地域もあって、植物が枯れてしまったりしています。温暖化による異常気象が、各地で報告されているのです。
この解決のために世界が協力して作った京都議定書が2005年2月16日に発効され、さらに2008年からは、京都議定書で定められた削減目標の第一約束期間に入りました。
世界に約束した日本の温室効果ガス排出量の削減目標は、1990年に比べて6%削減することだそうです。これを実現するための国民的プロジェクト、それが「チーム・マイナス6%」です。)

それは2100年までの温暖化を予測した[地球温暖化シュミレーション]です。

ナビゲーターの江守正多さん(独立行政法人国立環境研究所 地球環境研究センター 温暖化リスク評価研究室長)が、この映像を見るに当たって、次のように注意しております。
「この映像はシナリオによって仮定された未来を計算したものですから、将来を予言するものではありません。また地球についてもまだ正確にはわかっていない部分もあるため、もう一つの地球・気候モデルの計算には科学的にも不確実な部分があり予測には幅が出ます。この映像は幅がある予測の一例です。そして全体的な傾向を探るためのものであって、ある特定な年のある特定な地域の状態を予測するものではありません。これらをご理解の上ご覧下さい。」と。これを念頭におかれてぜひぜひご覧になってください。

[地球温暖化シュミレーション http://www.team-6.jp/cc-sim/flash.html]

温暖化によって生態系や人間社会は大きな影響を受けると予測されます。
○ 高温や干ばつにより農業の生産性が落ちる地域が出る。
○ 雨が減って水不足が深刻化する地域が出る。
○ 逆に大雨による洪水の危険性も高まる。
○ 標高の低い沿岸地域では海面の上昇によって高潮の危険性が高まる。
○ 熱波による健康被害が増える。
○ マラリアなどの熱帯伝染病の危険にさらされる地域が増える。
○ 生態系が破壊され絶滅する生物種がふえる
 

ライン4


いかがでしたか?「この映像は仮定された未来に過ぎません。」といくら言われても、我が愛すべき地球の未来をこの目で視て考えると何と寒々とする事か。

温暖化の進行をくい止めるためには、世界の温室効果ガスの排出量を大幅に減らさなくてはなりません。そのためには、一人ひとりの取り組みはもちろん、地域、企業、国といったあらゆるレベルでの取り組みが必要です。

地球温暖化問題という大きなテーマに対して、私たち一人ひとりができることは何でしょうか?一人ひとりの力はそれほど大きくないかもしれません。でもみんなの力がチームとなって結集すれば、地球規模の大きな力になれると思います。日常生活や事業活動の中で省資源・省エネルギーに取り組めば、CO2削減の大きな力となります。身近にできるちょっとしたことが、チームになれば大きな力になります。そしてその力は、確実に地球温暖化防止に役立つのです。大切なのは、チームの力を信じて、一人ひとりができることから実践していくことではないでしょうか。一人ひとりが力を合わせ、今から行動することで、未来はまだ変えることが出来ます。

例えば今から100年後、その時生きる人類は、自分達がどんな地球に住むかを決める事が出来ません。未来を決める事が出来るのは今生きている私達だけなのです。その時生きる人類とは、あなたの子孫だけではなく、多分輪廻転生した次の時代のあなた自身かもしれません。いいえきっとこれはそんなあなた自身の問題なのです!

自分一人位どうでもいいというエゴは捨てましょう。また自分一人が何とかしようとしても、どうにもならないんじゃないかと無気力になるのも止めましょう。一人一人が考え、行動していけば、それは大きな力となるのではないでしょうか。ただ黙って見ているだけでは変化はありえません。すぐに、簡単に、毎日できる、ことから始めてみませんか。そこで次回は、私達が出すゴミについて考えてみたいと思います。 

ライン5


(さて、余談ですが、エコに関して個人はなかなか進まないようですが、企業はかなり積極的のようですね。エコの名の下、電気、水、紙、燃料などなど、節約には事のほか熱心なようです。そして何やらヒトまで随分節約するらしいですね。世界的な不況での業績悪化。その中で生き残っていかねばならない大儀は理解します。しかし非正規労働者を切り捨てる理由にはならないのではないでしょうか。とりわけ生活と命の問題ですから。そんな節約はエコではなく企業のエゴ以外の何者でもないのではないでしょうか?)
 

ライン1


私達は、一人ひとりが主人公です。
地球のすべての人が主人公です。
あなたがこの地球を救う力を持っているのです。
地球を救えるのはあなたの力なのです。

まだ遅くはないのです。
あなたはできるのです。
その力はあなたを救います。
あなたの愛する人を救います。
あなたが世界を変えるのです!
あなたがこの地球を救うのです!
| Better Half | エゴからエコへ | 16:35 | - | - | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

bolg index このページの先頭へ